夜尿症の概要

夜尿症で一番ポピュラーなのは子どもの「おねしょ」です。

だいたい5~6歳頃には自然になおるものですが、それを過ぎても治らず継続的におもらしをしてしまう状態を差して言います。

原因には「多尿型夜尿症」と呼ばれるいわゆる尿量の多いことでおこる夜尿症です。

夜尿症(おねしょ)の原因はこちら

これは夕方等に水分を多く摂取してしむことによりおおく見られることですが、水分を控えても起きる場合があります。

これはパソプレッシンというホルモンの分泌に問題があると言われています。

このホルモンに問題があると尿量のコントロールができなくなることにより夜尿症が発生すると言われています。

また、「膀胱型夜尿症」という、簡単にいえば膀胱が小さいために起こる夜尿症です。

そしてもう一つが、「未熟型夜尿症」と呼ばれる夜尿症です。

これは排尿機能が未熟なための夜尿です。

腎臓や膀胱の機能障害が認められない場合、その機能が未熟なために発生する夜尿です。

その治療法としてはまず、おしっこがしたくなったら起きる習慣をつける夜尿アラームにおける行動療法があります。

これによって自立させることを目標にされることです。

これでも充分な効果が得られない場合は、ICCS:International Children’s Continence Society(国際小児禁制学会)で、最も推奨されている治療方法である夜尿アラームと抗利尿ホルモン製剤の併用療法を行なうことになります。

単なるおねしょ癖で自然に治ると済ましてはいけないことが近年わかってきました。

夜尿症は立派な病気であり、親のしつけの問題ではないことを両親に認識してもらい、適切な治療を行うことが近年の考えです。

なぜなら、本人の意志に関係なく起こる現象なので、失敗したからといって?ったり、コンプレックスをもたせてはいけないのが治療の基本として確立されたからです。

治療そのものは、先の方法の他に本人への指導として膀胱のトレーニングによる尿のガマンのしかたを覚えてもらうという方法も並行して行ないます。

また、漢方療法も並行して行なうこともあります。

何よりも本人を傷つけないように早めに治してしまうことが、その後の学校生活に影響を与えないことにつながります。